東京・千葉・埼玉・神奈川でNo.1の安い・早い・安心の不用品回収業者を目指します!

プライバシーポリシー

不用品無料回収ドットコム

電話する お問合せ
MENU
わからないことは聞いたほうが断然早い!不用品の無料相談実施中!!0120-05-4466 携帯からもOK!お電話でのお問合せはこちら!0120-76-4466 年中無休営業時間8:00~21:00
WEB・メールフォームのお問合せはこちら!

お片づけノウハウClean up know-how

第1回 粗大ゴミ

粗大ゴミを処分するには、市区町村など自治体が行う行政回収か、あるいは不用品回収業者のいずれかを利用することになります。 どちらに依頼するべきかは、処分する物品などの条件により変わってきます。 行政回収の場合、家電リサイク

続きを読む

第2回 不用品回収

モノがあり余っているといわれる今、使わなくなったものである不用品が激増しています。 パソコンなどのIT製品は2、3年で更新されるため、すぐに古くとなってしまいます。 自転車も随分と放置されるようになりました

続きを読む

第3回 ゴミ処分

生活していく上で、ゴミは必ず発生するものです。 ゴミ処分は身近で重要な問題点です。 ゴミの年間排出量は、昭和61年度には4,296万トンだったものが、平成23年度には4,539 万トンになっています。 1人

続きを読む

第4回遺品整理 買取り 処分

現在、密かに需要が高まり注目されているのが遺品整理業者です。 リサイクル業者や引っ越し業者から派生するなどして、業者の数は年々増えています。 人は、いつか亡くなってしまう日が来ます。 その際遺族は、故人が生

続きを読む

第5回パソコン 買取り

廃棄しようとしても面倒であるために手をつけることができず、部屋の片隅でホコリをかぶって眠っているというパソコンもあるでしょう。 簡単に粗大ごみとして処分することができなくなってから、そのようなパソコンも結構

続きを読む

第6回家電 回収

普段使用している家電製品が壊れた場合や、旧式になってしまったために新しいモデルへ買い替えるという際には、必ずリサイクル券を貼り付けたりリユースすることが義務づけられています。 特に、不用品回収として業者が近

続きを読む

第7回家電 引き取り

結婚すると、一人暮らし用の家電は必要なくなります。 また、興味がありそうな新製品が発売されて購入するとなると、それまで使っていたものも不要になります。 人生を長いスパンで見ればまだまだ使うことができるような

続きを読む

第8回買取引き取り

まだ使うことができるものであっても、新しいものが手に入ったり古いモデルになってしまったり、環境の変化にともなって必要がなくなるといったことは、往々にしてあります。 そうしたとき、いらなくなったからといって安

続きを読む

第9回テレビ 処分

テレビ 処分をするにあたって多くの場合は新しいテレビを購入した販売店に引き取りを依頼するか、持ち込むことということになるでしょう。 この場合には、販売店がメーカーの指定した収集場所まで運んでくれるのですが、

続きを読む

第10回冷蔵庫 処分

電気代が値上がりし電力不足の不安もある中で、家電を最新の省エネ製品に買い替えたいとして検討している人は、少なくありません。 特に冷蔵庫は1年中電気をつけたままのものですから、その影響も大きいものです。 その

続きを読む

第11回自転車 処分

家庭で壊れて乗らなくなった自転車や新しく買い換えるようなときには、古い自転車 処分についてどのようにすれば良いかと困ってしまうことがあるかもしれません。 買い換えるのであれば、購入する予定がある自転車屋さん

続きを読む

第12回ブラウン管 処分

テレビの種類は、昔からあったブラウン管テレビからここ数年で、液晶テレビやプラズマテレビへと急速に移行しました。 テレビ電波自体がアナログ放送からデジタル放送へと変わったことで、特にブラウン管テレビが加速度的

続きを読む

第13回プリンター 廃棄

インターネットの普及により、パソコンは今やほとんどの家庭が所有するようになりました。 パソコンの周辺機器であるプリンターも、一家に一台の必需品といえるでしょう。 しかし、これだけプリンターが普及していても、

続きを読む

第14回引越し 片付け

引越し 片付けをするとなると、かつての思い出の品物が出てきて捨てることができない、中途半端な片付けになって逆に汚くなる、ホコリやゴミだらけになるなどして、なかなか終わらず大変であるという声がよく聞かれます。

続きを読む

第15回ベッド 引き取り

引越しのときに古いベッドを処分し、引越し先で新しいものを買おうという人は多いでしょう。 そのときに問題となるのは、古いベッドの処分方法です。 まず最初に考えつく処分方法は、自治体の粗大ゴミ回収に出す方法です

続きを読む

第16回エアコン 引き取り

平成13年4月に、家電リサイクル法が施行されました。 それにより、エアコンは粗大ゴミとして捨てることはできなくなり、自治体では回収ができません。 家電リサイクル法では、消費者がお金を出して家電を引き取っても

続きを読む

第17回不用品回収 埼玉

東京をはじめとする関東圏には大企業から中小企業まで、さまざまな種類の企業が多く立地しています。 当然地域には、多くの従業員の住居もあるということになります。 中でも人が多く住んでいる都道府県のひとつが、埼玉

続きを読む

第18回大型 ゴミ処分

引っ越しの前後や家具、家電製品の買い替えをしたとき、また遺品の整理をしたようなときには、普通のゴミとして出すことのできない大きなゴミが多くなります。 これらは、粗大ゴミとして捨てなければなりません。 大型

続きを読む

第19回バイク 回収

バイクは粗大ゴミとして自治体に処分を依頼することができないため、自分で手続きをする必要があります。 まず、廃車手続きをします。 廃車手続きは原付、軽二輪、小型二輪というそれぞれで違っています。 原付は各市区

続きを読む

第20回布団 回収

日本人の生活に欠かすことのできない布団ですが、掛け布団に敷布団、毛布に座布団など収納スペースの多くを布団類に使うことになります。 一世帯あたりの平均的な布団の所有枚数は掛け布団で約7枚、敷布団で約6枚である

続きを読む